准看護師を知ろう | 資格、求人他 > 准看護師の資格の取り方

准看護師の資格の取り方

准看護師になるには資格試験に合格することが必要です。資格を取るためにはまず准看護師学校で2年間学ぶか高等学校の衛生看護科で3年間学ぶ必要があります。中学生の時点で将来は准看護師として働いていくという確固とした意志があるのなら、中学卒業後准看護師学校に入学するのが良いと言えるでしょう。

これなら2年間学んだ後、試験を受けて合格すればなることができるわけで、最も最短でなれる方法だと言えます。また、准看護師学校に入学するのに年齢制限がない特徴がありますので、中学卒業後の人だけでなく、働きながら学ぶ社会人も入学して資格試験へ取り組むことができます。

このような学校は専門的に教えてくれる学校ですので、基礎看護を始め様々に広く学んでいくことができ、効率的に資格試験に臨めて資格を取れることでしょう。試験は年に1回行なわれ、筆記試験となっております。幅広く出題されますが、学校で熱心に学んで卒業すれば、多くの人は合格し資格を取ることができると言われています。