准看護師の難易度

准看護師試験の合格は、9割前後を推移していて、試験問題の6割以上を正解としているので、難易度はあまり高くありません。

准看護師養成学校などの教育機関も、高等学校の衛生看護科では普通高校同様の3年制ですし、専門学校は2年制の学校が多く、看護師資格と比べると、准看護師資格は看護師よりは取得しやすく難易度の低い資格になります。

試験科目は、中学校の義務教育レベルで総合的な学力を試されますが、医療現場ですから理数系に強い方が優位な傾向もあり、ま7た近年では、英語と数学の試験問題レベルが上昇しています。

患者様と接し、直接の処置だけでなくメンタルケアも求められるのが准看護師です。チーム医療による様々なスタッフとのコミュニケーションも必用とされます。患者様のご家族家のケアや周囲への心遣いも必用とされます。

そこで、准看護師養成学校への入学試験においても、准看護師への適正や人間性のチェックとして、面接や作文などが設けられている学校が多くあります。