准看護師を知ろう | 資格、求人他 > 准看護師は廃止になる?

准看護師は廃止になる?

准看護師は、離職率の高い看護師の人手不足を補うために、短期間で資格を取得できるようにしたという理由で開始された制度ですが、現代での医療の多様化に伴い、短期間で看護業務について学ぶのは難しくなってきたので、より質の高い看護をするために、准看護師を廃止しようという意見が出てきたのです。

しかし、医師会は人材不足を理由に廃止を反対しています。理由は、小さな医療機関では人件費を抑えるために、正看護師よりも低賃金で雇うことができる准看護師を優先させて採用している場合があるためです。

准看護師は、医師の指導のもとであれば、正看護師と同じ業務をすることが保健師助産師看護師法により認められているため、正看護師より低賃金だが同等の仕事を任せることができるからです。

40万人近くが准看護師として働いている現状で、すぐに廃止するのは難しいのですが、いつか准看護師が廃止になっても良いように、廃止する前に正看護師になるための教育プログラムを用意するのが必要です。